大人かわいいを楽しむ美容メディア

毛穴たるみの原因はなに?今からでも遅くない!毛穴改善方法を解説

きちんと毎日肌のお手入れをしているのに「たるんだ毛穴が目立つ…」「30代半ばくらいから毛穴のたるみが気になる…」と感じている人は多いのではないでしょうか。

実は、たるみ毛穴は毛穴がたるむ原因を知り、正しいお手入れをすれば今からでも改善できます!

  • 毛穴たるみの原因
  • 毛穴たるみを改善する方法
  • 毛穴たるみ改善におすすめのスキンケア商品

について紹介していきますので、「毛穴がたるんできたかも…」「ファンデーションを塗っても毛穴を隠すことができない」と悩んでいる方は参考にどうぞ!

たるみ毛穴の原因とは?

たるみ毛穴の原因

20代の頃はそれほど気にならなかった毛穴が、30代を過ぎた辺りから少しずつ目立ち始め、特に鼻の周りや頬の毛穴の形が涙型になりファンデーションでも隠せなくなります。

きちんとスキンケアをしていても毛穴がたるんでしまう原因は以下の通りです。

  • 加齢
  • 乾燥
  • 紫外線によるダメージにより肌の弾力を生み出すコラーゲンやエラスチンの減少、質の低下

これらがたるみ毛穴の主な原因です。

それでは、毛穴たるみの原因について詳しく見ていきましょう。

原因①若い頃からずっと同じスキンケア商品を使っている

若い頃からずっと同じスキンケア商品を使っている

お気に入りのスキンケアブランドや、若い頃に「自分の肌質に合っている」と感じて購入したスキンケア商品は、肌トラブルでも起こさない限り変えることって少ないですよね。

特に長年愛用しているスキンケア商品なら尚更「変えよう」という考えにならないでしょう。

しかし、10代、20代、30代と肌の状態は確実に変化しています。

20代の頃に必要な美容成分と、30代で必要な美容成分は違うため、加齢とともに減少する美容成分を補う必要があります。


そのため、若い頃に選んだスキンケア商品ではなく、今の自分の年齢に合ったスキンケア商品に見直していきましょう

原因②洗浄力の高いクレンジング剤や洗顔料を使っている

洗浄力の高いクレンジング剤や洗顔料を使っている

洗浄力の高いクレンジングや洗顔料は、メイクを一度に落とすことができるので使いやすいのですが、洗浄力が強いと肌のバリア機能を低下させてしまいます。

肌のバリア機能が低下すると肌は乾燥し、毛穴がたるんでしまう原因になるのです。

特にメイクが濃い場合はある程度の洗浄力が必要ですし、ついゴシゴシ洗いをしてしまいがち。

しかし、肌の表面(表皮)の厚さはわずか0.02㎜しかありません。

ティッシュペーパーの厚さが0.04mmですので、肌の表面が非常に薄いことがわかりますね。

そんな薄い皮膚をクレンジングや洗顔でゴシゴシ洗いをすると、肌はダメージを受けより乾燥し、毛穴がたるみシワもできる…という嫌な連鎖を繰り返します。

そのため、クレンジングや洗顔をする際はティッシュペーパーを破らないような優しい力加減を意識しましょう。

また、クレンジングにはオイル、クリーム、ジェルなどがありますが一番肌へ負担をかけないのはクリーム、ジェルタイプのクレンジングです。

クリームタイプやジェルタイプはメイク汚れを浮かせやすく、肌と手の間でクッションの役割を果たすため、肌のダメージを軽減することができておすすめです。

原因③日焼け止めを小まめに塗り直していない

日焼け止めを小まめに塗り直していない

紫外線を浴びると、肌の奥にある真皮層の中のコラーゲンやエラスチンが破壊されます。

コラーゲンやエラスチンはお肌のハリを維持するためにとても大切な役目を担っており、不足すると肌の弾力が失われるため、たるみ毛穴の原因にになってしまうのです。

そこで一役買ってくれる日焼け止めですが、日焼け防止力を表すSPFの数字が高いものでも、時間が経つと皮脂や汗などで落ちてしまいます。

すると、肌の弾力が失われ、毛穴の周りの皮膚を抑えることができず毛穴が広がっていくのです。

さらに、紫外線ダメージによりセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分も失われるため、肌の水分量が低下。

水分量が低下すると、乾燥から肌を守るため過剰に皮脂を分泌し、毛穴が開き角栓が詰まる…という悪循環を繰り返します。

そのため、紫外線から肌を守るためには日焼け止めが欠かせません。

日焼け止めの効果は1日中持続するわけではないので、2~3時間おきに塗り直すように意識しましょう。

原因④無表情で過ごすことが多い

無表情で過ごすことが多い

無表情で過ごすことが多い人は表情筋が衰え、皮膚を支える力が弱くなりお肌のハリがなくなるため、毛穴がたるむ原因になります。

最近ではコロナウイルスの影響でマスクを付けて過ごす時間が増えたため、より表情筋を使わなくなっている方も多いのではないでしょうか。

表情筋の衰えが原因で毛穴がたるんでいる場合は、表情筋トレーニングを行うことで改善することができます。

「表情筋トレーニング」とは、自宅でちょっとしたスキマ時間に行うことができるもので専用の道具も必要ありません。

やり方は、大きく口を開けて「あいうえお」を発音していくだけです。

  1. 「あー」と10秒ほど伸ばして発声します。
  2. 次に口を横に広げて「いー」を10秒発声します。
  3. 残りの「う、え、お」も同じ用に繰り返します。

口呼吸ではなく、鼻呼吸で行うのがコツです。

その他に、口を閉じたまま口の中で舌をゆっくりと回します。

右回りと左回りをそれぞれ10回ずつ行うだけで、毛穴たるみだけでなく顎のたるみや、ほうれい線対策にもなります。

これならマスクの下でこっそりやってもバレにくいので、通勤中や休憩中でも思い出したときにできるのではないでしょうか。

原因⑤たんぱく質やビタミン類が不足している

たんぱく質やビタミン類が不足している

たんぱく質やビタミンが不足すると、肌のハリがなくなるため毛穴がたるみやすくなります。

肌のハリを保つにはコラーゲンが必要なのですが、コラーゲンはたんぱく質を摂取することで生成されるため、食事から摂取していく必要があります。

《コラーゲンの元となるたんぱく質》

  • 肉…牛・豚・鶏など
  • 魚…魚全般・いか・たこ・貝など
  • 卵…鶏卵・うずら卵など
  • 乳製品…牛乳・チーズ・ヨーグルトなど
  • 大豆製品…大豆・豆腐・納豆・油揚げなど

これらの食品から摂取したたんぱく質は、肌の弾力をアップさせるだけでなく髪を美しく保つのに役立ちます。

また、コラーゲンは加齢とともに減少していきますが、化粧水などで皮膚の外からコラーゲンを吸収することができないため、食事からたんぱく質を摂取していくことも大切です。そして、コラーゲンを作るときに欠かせない栄養素がビタミンC。

ビタミンCとたんぱく質を一緒に摂取することで、良質なコラーゲンの生成を促すことができます。

《ビタミンCが豊富に含まれている食べ物》

  • 果物類…いちご・柑橘類(レモン・みかんなど)
  • 野菜…パプリカ・ピーマン・ブロッコリーなど
  • イモ類…さつまいも・じゃがいもなど

ビタミンCは、コラーゲンを作り肌を健康に保つ以外に、メラニン色素の生成を抑えるため日焼け、シミ対策に役立ちます。

では逆に、肌のハリの生成を阻害してしまう食べ物は何なのでしょうか?

《たるみの原因になる食べ物》

  • 加工食品…インスタント食品・スナック菓子・清涼飲料水・化学調味料
  • リノール酸などの不飽和脂肪酸を多く含んでいる食品…紅花油・マーガリン

加工食品は、糖分や脂肪分が大量に含まれており、体内でたんぱく質とくっつくことで(糖化)肌の老化を早めます。

インスタント食品やスナック菓子はたまに食べる程度であれば問題はありませんが、高カロリーですし肌のハリにいい栄養成分は少ないので食べすぎないようにしましょう。

次に、マーガリンなどに多く含まれているリノール酸などの飽和脂肪酸は、摂取しすぎると体内で酸化し老化を進めてしまいます。

そのため、油はアンチエイジング効果が期待できる

  • オリーブ油
  • 魚油
  • あまに油

などを使うのがおすすめです。

たるみ毛穴にはハリを与えるスキンケアが大事!

たるみ毛穴にはハリを与えるスキンケアが大事

たるみ毛穴が気になりはじめたら、食事の見直しなどのほかにスキンケアの見直しが大切です。

スキンケアは、肌にハリを与える美容成分が含まれたものを選びましょう。

《肌にハリを与える美容成分》

  • ビタミンC誘導体…肌のハリ、皮脂抑制などが期待できる
  • レチノール…肌の代謝をよくし、肌にハリを与える
  • ナイアシンアミド…コラーゲンの生成を改善し、肌にハリを持たせるほか、美白効果も期待できる

また、スキンケアをする際十分に保湿ができるのかも重要なポイントです。

上記で紹介した肌にハリを与える成分が含まれたスキンケア商品でも、肌質に合っていなかったり保湿機能が十分でない場合、肌が乾燥しているのでたるんだ毛穴の改善は難しいです。

また、化粧品に含まれている保湿成分には色々な種類がありますが、保湿成分により、どのくらい保湿力があるのかが変わります。

そのため、保湿力の高い化粧品を選ぶ場合はいくつかの保湿成分が配合された化粧品を選ぶといいでしょう。

《保湿力の高いおすすめ美容成分ランキング》

1位 セラミド
2位 レシチン
3位 ヒアルロン酸
4位 コラーゲン
5位 アミノ酸

また、セラミドは「ヒト型セラミド」が最も保湿力があります。 

保湿力の高い化粧品を選ぶ際は、このランキング上位の成分が多く配合されたものを選ぶのがおすすめです。

まとめ

毛穴たるみはファンデーションを重ねても隠すことが難しく、ファンデーションで隠そうとすると余計目立ってしまった…ということもあるため「隠す」よりも「改善する」を目指した方が簡単です。

食事管理や表情筋を鍛えるなど、日常生活で少し意識をしながら取り入れることで毛穴たるみは改善できるので諦めずに試してみてください。