大人かわいいを楽しむ美容メディア

毛穴のたるみ解消には年齢別のケアが重要!30代、40代、50代におすすめな美容法

「加齢とともに毛穴が目立ってきた気がする…」

30代にさしかかったあたりから、頬の毛穴が一層気になるようになってきた人は「たるみ毛穴」の可能性が大きいです。

でも諦めないでください。

年齢毎に適切なケアを行うことで、いくつになっても毛穴の目立たないハリのある肌を維持している人もたくさんいます。

たるみ毛穴が改善すると、顔全体が引き締まってみえたりくすみの改善にも繋がるので、若見え効果も高いです。

今回は30代以降の方におすすめなたるみ毛穴対策を30代、40代、50代の年齢別に具体的にいくつかご紹介していきます。

年齢によって毛穴の悩みも対処法も変わる

毛穴悩みの対処法毛穴悩みと一言でいっても、年齢層によって種類や対処法が異なります。

まずは自分の毛穴悩みが加齢によるたるみ毛穴なのかどうかをチェックしていきましょう。

毛穴悩みの種類と原因

10代20代の毛穴悩みと30代以降の加齢による毛穴悩みの違いについて表にまとめてみました。

10代・20代 30代・40代・50代
毛穴悩みの種類 黒ずみ毛穴
毛穴開き
たるみ毛穴
主な発生場所 鼻やTゾーン
特徴 角栓がザラザラする
黒ずみが目立つ
丸く毛穴が開く
しずく型(縦長)に毛穴が開く
原因 皮脂の過剰分泌
毛穴汚れの残留
肌のたるみ
(乾燥やハリ不足)

若年層の毛穴の悩みは、主に皮脂の過剰分泌によるものが大きいです。

毛穴に皮脂が詰まり角栓となってざらざらしたり、その角栓が酸化して黒ずみが目立つ人が多くみられます。

また、皮脂の過剰分泌により毛穴が押し広げられて、丸くぽっかりと開いたように見えることも。

ネット上ではよく若年層向けに毛穴の黒ずみやざらつきを解消する方法が紹介されていますが、たるみ毛穴の人がその方法でケアを行うと、よりたるみ毛穴が悪化する恐れもあるので注意が必要です。

一方、たるみ毛穴は縦に伸びたしずくのような形が特徴。

しっかりとしたケアをしていないと、加齢とともに誰にでも起きてしまういわゆる老化現象の1つです。

たるみ毛穴の簡単な見分け方

たるみ毛穴の簡単な見分け方縦長でしずくのような形と言われてもピンとこない方は、以下の方法でたるみ毛穴かどうか簡単に見分けることができます。

  1. 正面から手鏡を見て毛穴の目立ち度をチェック
  2. 上を向いて手鏡を見て毛穴の目立ち度をチェック

1より2の状態で毛穴が目立たないという方は「たるみ毛穴」です。

また、髪をポニーテールにした時にも毛穴が目立ちにくいという方も「たるみ毛穴」ということになります。

たるみ毛穴は重力で肌が下に引っ張られることにより発生するので、上を向いたときや頬を上に引っ張った時などに目立ちにくいのが特徴です。

たるみ毛穴の原因は?

たるみ毛穴の原因たるみ毛穴は、その名の通り肌のたるみが原因で発生します。

肌のたるみは加齢とともに積み重なって目立つようになってきますが、ホルモンバランスの影響や外的要因の積み重ねにより、特に30代から顕著に目立つようになってきます

肌のたるみによるたるみ毛穴が起こる原因は主に以下の3つです。

  1. ハリ、弾力の低下
  2. 乾燥による肌の水分不足
  3. 表情筋の衰え

たるみ毛穴の1番大きな原因は「ハリ、弾力の低下」です。

お肌のハリや弾力の元となっているのは肌内部のコラーゲンやエラスチンですが、ホルモンバランスの影響で女性は30代前半以降、コラーゲンやエラスチンの量が急に減少してしまいます。

また「乾燥による肌の水分不足」が生じることで、肌表面がごわつき毛穴やしわがより目立つ原因となります。

さらに「表情筋の衰え」も顔のたるみの要因の1つ。

加齢とともに普段あまり使わない部位の表情筋が衰えて、頬が下に落ちて毛穴も開いてみえます。

30代~40代から気になりだす『たるみ毛穴』の対策とは?

0代~40代から気になりだす『たるみ毛穴』の対策たるみ毛穴が気になりはじめたら、なるべく早く適切なケアすることでたるみ毛穴のないハリのある肌に戻しやすくなります。

たるみ毛穴が目立ち始めた30代や40代におすすめの毛穴対策は主に以下の4つです。

  1. 毛穴洗浄
  2. ハリ対策スキンケア
  3. 保湿&紫外線ケア
  4. 頭皮マッサージ

それぞれなぜたるみ毛穴に有効なのか、詳しく解説していきますね。

【対策①】定期的なスペシャルケア(毛穴洗浄)をする

毛穴洗浄たるみ毛穴の場合も、黒ずみ毛穴のケアと同様に定期的にスペシャルケアとして毛穴洗浄をするのがおすすめです。

たるんで広がった毛穴に汚れが詰まりやすくなっていたり、肌表面に角質が溜まっているとスキンケアの浸透率が悪くなるからです。

おすすめのスペシャルケア
  • 酵素洗顔:酵素の力で毛穴の奥に詰まった皮脂や汚れを溶かして落とします。
  • 洗い流すパック:クレイ成分などが毛穴の汚れを優しく吸着しつつ、肌にうるおいを与えてくれます。
  • 毛穴用スプレー:特殊な水の力で毛穴汚れや皮脂を溶かして落とします。

ただし、30代以降の肌は刺激に弱くなっているのでスペシャルケアは週に1~2回の使用に留めて、あまり強い作用のアイテムは使用しないのがおすすめです。

過度な使用や皮膚を強く擦りすぎるなどして、必要な皮脂やうるおいまで落としすぎてしまわないように気を付けましょう。

【対策②】ハリを与えるスキンケアアイテムで肌をふっくらさせる

スキンケアアハリの元となる成分と言えば「コラーゲン」や「エラスチン」です。

ただし、コラーゲンやエラスチンが配合されたスキンケアアイテムを使っても、肌にうるおいを与える効果しかありません。

実際には、肌内部のコラーゲンやエラスチンを増やす働きはないので注意が必要です。

肌内部のコラーゲンやエラスチンの働きをよくして、肌にハリを取り戻すためには以下の成分が入ったスキンケアアイテムを使うのがおすすめです。

<レチノール> ビタミンAの一種で、肌細胞に直接働きかけてコラーゲンやエラスチンの生成を促進する作用が期待できる。
肌表面のターンオーバーも促進するので、肌を柔らかくしシミやシワにも効果的。
<ビタミンC誘導体> コラーゲンを生成するのに欠かせない成分。
抗酸化作用も強いので、紫外線による肌の劣化を防いだり、根本的な肌の再生力を高めてくれると言われている。
<フラーレン> 抗酸化力の高さと持続性のよさで近年注目を集めているエイジングケア成分。
肌老化を促す活性酸素を除去し、肌内部の働きを高めてハリやうるおいを取り戻します。

これらの成分はたるみ毛穴への効果はもちろん、シミやしわなどの肌老化にも有効です。

これらの成分が配合された化粧水や美容液などを普段から取り入れてみてください。

【対策③】保湿&紫外線ケアは必須!

保湿&紫外線ケア当然ですが、保湿と紫外線対策は徹底して行うに越したことはありません。

特に紫外線は肌に大きなダメージを与え、コラーゲンやエラスチンを破壊したり、肌細胞を劣化させたり、乾燥を招く原因にもなります。

紫外線は肌や健康に悪影響を及ぼす活性酸素も過剰に生み出すため、老化も著しく進みます。

また、肌は加齢とともに水分保持能力も低下していくため乾燥しやすくなります。

肌が乾燥していると毛穴が目立つ原因にもなりますし、その毛穴同士が繋がって「帯状毛穴」となりシワのような状態になってさらに老けてみえることに。

肌の乾燥は皮脂の過剰分泌も引き起こすので、たるみ毛穴に角栓が詰まってさらに恐ろしい事態になることも。

正しい保湿&紫外線ケア
  • 毎日朝晩、化粧水と乳液orクリームでしっかりと肌をうるおいで満たしましょう
  • 洗顔やクレンジングは保湿力の高いものを使い、うるおいをとりすぎないように注意(朝はぬるま湯のみの洗顔でもOK)
  • 毎日SPF30以上、PA++以上の日焼け止めをしっかりと塗りましょう
  • 紫外線による抗酸化や活性酸素の増加を抑制してくれる【対策②】の成分の入ったスキンケアを使いましょう

保湿と紫外線対策は、毎日地道に行うことで数年後ハリのあるつるんとした肌に繋がります。

【対策④】頭皮をマッサージして肌のたるみを予防する

頭皮をマッサージ顔のたるみと密接な関係にあるのが、実は頭皮の状態です。

顔と頭皮は皮や筋膜同士がつながっているので、頭皮が硬くなると顔を上に引き上げる力が弱くなり、たるみが生じやすくなります。

頭皮のマッサージを毎日することでコリが解消されれば、たるみ予防に繋がるでしょう。

頭皮マッサージの方法
  1. 親指以外の指を折り曲げた状態で、第1関節を使ってマッサージします。
    (頭皮マッサージ用のブラシを使用してもOK)
  2. 耳のまわり→こめかみ→頭頂部に向かって順に揉みほぐすように押していきます。
  3. 後頭部を下から上に向かって揉みほぐしていきます。
  4. 手を広げて頭を包み込むように指で押さえ、上に向かって引っ張りあげます。

少し痛気持ちいいくらいの強さで行うのがおすすめです。

また、日頃から口を大きく「あ」の形に広げて「お」の形にすぼめる表情筋のトレーニングも意識して取り入れていきましょう。

さらに、首筋や肩甲骨が凝り固まっていると、つられて顔の筋肉も下に引っ張られてしまいたるみが起こりやすくなります。

スマホやPC作業などで姿勢が前に傾きがちな人は要注意です。

思い当たる人はテニスボールやフォームローラーなどを使用して、肩甲骨まわりのストレッチを行ってみるといいですよ。

50代の頑固な『たるみ毛穴』改善方法

50代になると、多くの人がたるみ毛穴に悩むようになります。

また、たるみの悪化により毛穴もより縦長に大きくなって悪目立ちする傾向に。

30代、40代向けのケアに加えて、よりしっかりとしたケアで根本的にたるみ毛穴を解消できる方法を紹介していきます。

美容器具(かっさ、美顔器等)の力を借りる

美容器具50代の頑固なたるみ毛穴には、普段のケアに美容器具を取り入れてより一層深いケアをするのがおすすめです。

【たるみ毛穴解消美容器具】

<かっさ、美顔ローラー>
顔の深部の筋肉のコリやリンパの詰まりをほぐしてたるみにアプローチします。
手軽に取り入れることができる美容器具ですが、効果は比較的薄いです。

<美顔器>
さまざまな種類がありますが、たるみ毛穴にはEMS(振動で表情筋を鍛える)機能や超音波で美容成分の浸透をより促してくれる機能のついた美顔器がおすすめです。

<美顔器マスク>
顔を覆うように取り付ける美顔器型のマスクです。
主にEMS機能がついており、手軽に表情筋のトレーニングができるので美顔器が面倒で続かない方におすすめです。

いろいろな毛穴対策を試してみたけれど、効果がなかなか感じられず諦めモードになっている方は、ぜひ美容器具を取り入れたケアを行ってみてくだい。

たんぱく質をしっかり摂る

たんぱく質たるみ毛穴には外部からだけでなく、体の内部からのケアも重要になります。

コラーゲンはタンパク質から作られる成分なので、十分なタンパク質を摂取することが大切です。

日本人女性はただでさえタンパク質の摂取量が低く、1日の必要量に足りていない人が多いと言われています。

加齢とともに食べる量も減るので、タンパク質の摂取量も減ってしまいがちです。

タンパク質は「肉、魚、卵、豆類、乳製品」に多く含まれています。

【50代女性に必要なタンパク質量】

(例:体重50kg/1日の必要量:約60g)

  • 牛肉:約200g
  • 鶏むね肉:約250g
  • 魚:200~300g
  • 卵:10個
  • 納豆:7パック
  • パルメザンチーズ:約150g

また、合わせてビタミンCと鉄分を摂取することでよりコラーゲンの生成がより促進されます。

緑黄色野菜や果物も取り入れて、体の中からコラーゲンを増やすことで、ハリのある肌と健康的な体を手に入れましょう。

まとめ

加齢とともに目立ってくる頬の「たるみ毛穴」には、30代から適切なたるみ解消ケアを取り入れて改善していく必要があります。

50代の頑固なたるみ毛穴も、体の外側と内側からしっかりアプローチすることで改善できるはずです。

いくつになっても諦めずに、つるんとしたハリのある毛穴レス肌を一緒に目指してみませんか?