大人かわいいを楽しむ美容メディア

毛穴の黒ずみケアってどうすればいいの!?除去するための対策&予防を徹底解説!

ポツポツと目立つ『毛穴の黒ずみ』。
なかなか取れないし、鏡を見るたびに気になっちゃいますよね。

「これまでのスキンケアでは、毛穴の黒ずみを除去することは難しいのかも…?」
「何か新しい改善策を取り入れてみたいな!」と思ったことがある人、多いと思います。

実は、毛穴の黒ずみには原因に合ったスキンケアをすることが大事なんです!

毛穴の黒ずみの原因になる角栓は、主に落としきれなかった汚れが原因。
ですので、綺麗に汚れを落とすという方法で、毛穴の黒ずみが改善していくのです。

この記事では、スキンケアの工夫で毛穴の黒ずみを改善する方法や、黒ずみを予防するためのスキンケアのポイントを徹底的に解説していきます。

ぜひ最後までご覧くださいね!

黒ずみ毛穴の原因はターンオーバーが乱れたことが原因!

黒ずみ毛穴の原因

まず、黒ずみ毛穴の原因を説明します。

黒ずみの主な原因は、落としきれなかった汚れによってできる角栓ですが、角栓ができてしまうのは何故でしょうか。

それは、間違ったスキンケアを続けたからです。

間違ったスキンケアをまとめました。

  • 指で汚れを押し出そうとする
  • 洗うときに肌を摩擦してしまう
  • 力を入れてゴシゴシ洗ってしまう


間違ったスキンケアを続けることで、ターンオーバーが正常に機能しなくなってしまいます。

毛穴の汚れが気になるからといって、上記のような間違ったスキンケアをすると、乾燥したり炎症の原因になるので逆効果です。

乾燥や炎症を起こした肌は、ダメージを早く回復しようと、ターンオーバーを早めます。

ターンオーバーが早まることで、まだ未成熟な状態の乾燥した角層細胞ができてしまい、皮膚表面が綺麗な状態を保てなくなってしまいます。

本来、ターンオーバーが正常に行われていると、28日周期で肌の細胞が新しいものに入れ替わります。
しかし、これが乱れてしまうと、古い角質が垢として剥がれ落ちなくなってしまうのです。

その結果、行き場をなくした古い角質と汚れ・過剰に分泌された余分な皮脂などが混ざりあい、毛穴詰まりを起こし、角栓になります。

さらに、この角栓が酸化することによって黒く見えてしまい、黒ずみ毛穴になってしまうのです。

このようなことから、黒ずみ毛穴には、正しいスキンケアを行うことが大切だといえるでしょう。

正しいスキンケアをして、ターンオーバーを正常に機能させることで、角栓のない毛穴に近づけるのです。

以下に、正しいクレンジングと洗顔について、説明していきます。

正しいスキンケア方法(クレンジング)
  1. メイクを落とす際にクレンジングを両手に伸ばして温める
  2. 皮脂の多いTゾーンからUゾーン・頬・目元の順番にクレンジングを塗る
  3. くるくると優しく小刻みに円を描くように馴染ませる
  4. 少量の水を足して乳化させる
  5. ぬるま湯でしっかりとすすぐ

クレンジングを人肌に温めることで、しっかりとメイク汚れに馴染ませることができます。

皮脂の多いところは肌トラブルが起きやすいため、最初にクレンジングを乗せます。皮膚が薄くデリケートな目元などの部位は、後でサッと洗いましょう。

メイク汚れを浮かせるために、円を描くようにクレンジングを馴染ませます。刺激を与えないよう、優しく行います。

浮いたメイク汚れを水で流しやすくするために乳化したら、しっかりとすすいで完了です。

正しいスキンケア方法(洗顔)
  1. 泡立てネットなどでしっかりと洗顔料の泡をたてる
  2. 皮脂の多いTゾーンからUゾーン・頬・目元の順番に洗顔料を塗る
  3. クレンジング同様、優しく円を描くように馴染ませて汚れを浮かせる
  4. ぬるま湯でしっかりとすすぐ

洗顔の際には、洗顔料をしっかり泡立てて、泡で汚れを浮かせて洗うことが大切です。

泡立てネットや洗顔ブラシなどを使って、きめ細かい泡を作りましょう。

クレンジングのときと同じように、皮脂の多い部位から洗顔料を馴染ませます。

汚れを浮かしたら、ぬるま湯でしっかりと丁寧にすすぎましょう。

正しいスキンケアは、自宅ですぐに試すことができるので、ぜひ今日から実践してみてくださいね!

では、つぎに、5つの黒ずみ毛穴対策について解説していきます。

黒ずみ毛穴対策①クレンジングの前に蒸しタオルで肌を温める

蒸しタオルで肌を温める

クレンジング前に蒸しタオルで肌を温めると、毛穴が開くので、毛穴の奥まで綺麗に洗うことができて、角栓が落としやすくなります。

また、メイクをしたままの状態で時間が経過すると、皮脂や大気中の汚れなどが混ざり、毛穴の黒ずみ以外にも、毛穴の詰まりやニキビなど、様々な肌トラブルの元になってしまいます。

そうならないためにも、より綺麗にクレンジングするための方法をお伝えしますね!

クレンジング前に蒸しタオルで肌を温める方法

  1. 顔が隠れるくらいのタオルを用意する
  2. タオルを水で濡らししっかり絞る
  3. 形を整えて綺麗に畳んでから1分ほどレンジでチンする(ラップで包むといい)
  4. タオルを取り出したら適温かどうか確認してみる
  5. 蒸しタオルを顔に1分程乗せたら完了

蒸しタオルを使う際のポイントは?

  1. 温めるときにムラができたり、顔にお湯がたれてこないようにしっかり絞る
  2. 温めムラをなくすために、きちんと形を整えて畳んでからチンする
  3. レンジでチンした後はタオルが熱くなっているので、慎重に温度の確認をする

上記のことを踏まえて、蒸しタオルを使うときには火傷などしないよう、充分に気を付けて試してみてくださいね!

次の対策は、洗顔する際に使う洗顔料について。

黒ずみ毛穴対策②洗顔に「酵素」や「クレイ」を取り入れてみる

「酵素」や「クレイ」を取り入れてみる

洗顔は、毎日必ずするものですよね。
実はこの洗顔も、黒ずみ毛穴をケアするためには、とても大切なことなんです。

洗顔料に、毛穴の黒ずみに効果的な、『酵素』や『クレイ』などを使ってみるのも対策としておすすめです♪

以下に、酵素とクレイそれぞれの特徴や、おすすめの肌質・使用上の注意点などをまとめました!

参考にしてくださいね。

酵素の特徴

酵素には、余分な皮脂を分解する特徴があります。
そのため、酵素が配合された洗顔料で洗顔すると、普通に洗った時と比べて、格段に汚れが落ちやすくなります。

また、古い角質を取り除くのにも、とても効果的です。

毛穴の黒ずみ以外にも、肌のくすみを解消したり、透明感のある肌に導いてくれます。
スキンケアの浸透をサポートするといった効果も。

酵素洗顔には、『皮脂分解酵素』と『タンパク質分解酵素』の2種類がありますが、それぞれに効果は違います。
『皮脂分解酵素』メイクや毛穴の黒ずみや角栓を分解して落としてくれる
『タンパク質分解酵素』古い角質を分解して落とし、肌の調子やターンオーバーを整えてくれる

上記のように、酵素には2つの種類と、それぞれの特徴があります。

他にも、おすすめの肌質を表にまとめたのでご覧ください。

洗顔料の種類 おすすめの肌質 理由
皮脂分解酵素 ・オイリー肌
・混合肌
皮脂を分解してくれる効果があるので、皮脂を過剰に分泌する肌質に向いている。
タンパク質分解酵素 ・オイリー肌
・混合肌
・敏感肌
・乾燥肌
タンパク質でできた角栓を分解してくれる効果があるので、あらゆる肌質の人におすすめ。
皮脂は分解しないので、肌に優しく、敏感肌や乾燥肌の人にも安心して使える

酵素洗顔を使うときには、注意点もあります。使う前に必ずチェックしてくださいね。

酵素洗顔の使用上の注意点は?

  • 洗顔時に肌を擦らないようにする
  • 洗顔後は低刺激のスキンケアを使うこと
  • 3分以内に洗顔するようにする
  • ニキビがある時は使わないこと
  • 使用頻度は週1~2回くらいにする
洗顔する時は、肌に刺激を与えないよう、きちんと泡を立ててから擦らず優しく洗いましょう。

また、1回の洗顔で3分以内・週1~2回を目安に洗うのがいいでしょう。

酵素はタンパク質を分解する力がありますが、肌もタンパク質なので、肌を傷めてしまうかもしれないからです。

酵素は刺激が強いので、洗顔後のスキンケアには低刺激のものを使うようにしましょう。

ニキビがある時には、ニキビの炎症を悪化させてしまう恐れがあるため、酵素洗顔は使わないように気を付けましょう。

クレイの特徴

つぎにおすすめの洗顔料は、クレイ。

クレイとは、泥のこと。洗顔用のクレイは、粒子が細かく洗浄力が高いので、毛穴汚れや皮脂などをしっかり吸着してくれます。

ミネラル成分が含まれているので、洗い上がりがしっとり潤いますし、肌をワントーン明るくしてくれますよ

また、クレイは肌の汚れを綺麗にとりながらも、天然成分なので肌に優しいのも特徴です。

洗顔に使われるクレイはいくつかありますが、主に11種類のクレイがあり、種類によって効果は様々です。

吸着力が強く、毛穴の奥の汚れまでとりたいなら「クチャ」、マイルドな使い心地で肌を整えてくれるものなら「ホワイトクレイ」など、目的に合わせて種類を使い分けるといいでしょう。

こちらも、クレイの種類と効果、おすすめの肌質を表にまとめました。

洗顔料の種類 効果 おすすめの肌質
海泥(クチャ・マリンシルト) ミネラルとカルシウムが豊富に含まれていて毛穴の黒ずみや角栓の除去に効果的。
洗い上がりはしっとりしている。
粒子が細かく肌に優しいので、普通肌・敏感肌・乾燥肌・オイリー肌・混合肌など、あらゆる肌質の人におすすめ。
ガスール(モロッコ溶岩クレイ) 洗浄力と保湿力が高いので、角質を落として肌のきめを細かくしてくれる。
全身に使うことができる。
どの肌質の人にも使えますが、洗い上がりがとてもしっとりして高保湿なので、特に乾燥肌の人におすすめ。
ホワイトクレイ 粒子が細かいのでマイルドな洗い上がり。肌に優しく肌環境を整えてくれる効果がある。 どの肌質の人にも向いています。
肌荒れしていても使えるくらいマイルドなので、特に敏感肌の人におすすめ。
グリーンクレイ(モンモリロナイト) ミネラルや天然の酸化鉄が豊富に含まれていて、殺菌力があり、皮脂の汚れを落とす。洗浄力が高い。 皮脂の汚れを落とす効果があり洗浄力が高いので、オイリー肌や混合肌の人に向いている。
乾燥肌や敏感肌の人は、肌に必要な皮脂まで落としてしまうかもしれないので、注意が必要
レッドクレイ 鉄分とミネラルが豊富に含まれていて、洗浄力が高い。
血行を促進したり、肌に潤いを与える効果もあるので、パックや入浴剤としても使える。
グリーンクレイと同じくらい洗浄力が高いので、オイリー肌や混合肌の人に向いている。
ピンククレイ(レッドクレイとホワイトクレイを混ぜたもの) レッドクレイ・ホワイトクレイの両方の効果が得られる。
使い心地がマイルドで肌に優しく血行を促進してくれる。
肌に優しいため、敏感肌や乾燥肌の人におすすめ。
ベントナイト 皮脂をしっかり吸着して汚れを綺麗に落とす。
血行を促進し、デトックス効果があるので、ニキビや肌荒れにも効果的。
皮脂をしっかりと吸着してくれるので、オイリー肌に向いている。
カオリン 使い心地がマイルドで、乾燥を和らげる効果があり、洗い上がりはしっとり。 肌に優しく保湿力があるので、乾燥肌や敏感肌の人におすすめ。
タナクラクレイ ミネラルを多く含むので、エイジングケアにも効果的。
小さな汚れまで、しっかり落とす。

肌に優しく潤いを与えてくれるので、どの肌質の人にも向いている。
ベージュクレイ 粒子が荒いため、洗顔に使われることは少ないですが、非常に洗顔力が高いのが特徴。 洗浄力がとても高いので、オイリー肌の人におすすめ。
マイルドな洗い心地のホワイトクレイなど他のクレイと混ぜることで、自分の肌に合わせて洗浄力を調節するといいでしょう。
ブラウンクレイ 洗顔料に使われることは稀ですが、マグネシウムが豊富で汚れを吸着する効果やレトックス効果がとても高い。 吸着力が高いため、オイリー肌の人に向いている。
ベージュクレイ同様、洗浄力がとても高いので、洗顔する際には自分の肌に合わせて、他のクレイと混ぜて使うのがおすすめ。

クレイ洗顔を使うときにも、注意点を必ずチェックしてくださいね。

クレイ洗顔の使用上の注意点は?

  • 目に入ると危険なので注意する
  • 洗浄力が高いので肌の様子をみながら使う

クレイは、種類によっては目に入ると危険なものがあります。

そのため、注意書きをよく読んでから使うようにしましょう。

また、洗浄力が高いので、使用頻度は肌の様子をみながら週に2~3回程度までの範囲で使うのがおすすめです。

肌のバリア機能が低下していると感じる人は、あらかじめパッチテストをしてみるといいですよ。

パッチテストの方法

  1. 二の腕の内側や顔の一部にクレイを付ける
  2. 5分ほど様子をみる

5分ほど様子をみて、もしも肌に合わないようならピリピリしてきたり、かゆくなったりするなど、普段とは違う反応がでてきます。

そういったときには、しておきましょう。

黒ずみ毛穴対策③泡立てネットや洗顔ブラシを活用する

泡立てネットや洗顔ブラシを活用する

洗顔するときに、泡立てネットや洗顔ブラシを活用するのもおすすめです!

泡立てネットを使う利点は?

泡立てネットは、少しの時間できめ細かな泡をたくさん作ることができます。

そして、たっぷりの泡を使って顔を優しく洗顔することで、綺麗に毛穴汚れを取ってくれますし、肌に負担がかかりにくくなります。

泡立てネットを使用するときの注意点は?

  • ネットに雑菌が付かないように手を洗ってから使う
  • 使い終わったら綺麗に洗ってから乾かす
  • 2~3か月に1回くらいのペースで新しいものと交換する
  • 風通しのいいところで保管する

洗顔ブラシを使う利点は?

洗顔ブラシは、毛穴の奥の汚れまで綺麗にかき出してくれます。

普通の洗顔では落としきれない汚れも落としてくれるので、角栓にもとても効果的なんです!

洗顔ブラシを使用するときの注意点は?

  • 肌を擦らないように、力を入れず優しく泡で洗うイメージで使う
  • 雑菌が付かないよう、綺麗に洗って風通しのいい場所で乾かす
  • 長く使うためには定期的にクレンジング剤を使って洗う
泡立てネットや洗顔ブラシを使うと、より毛穴を丁寧に洗顔することができますよ。

衛生面など、それぞれの使用上の注意点に気を付けながら、ぜひ試してみてくださいね♪

黒ずみ毛穴対策④パックやピーリングを定期的に取り入れる

パックやピーリングを定期的に取り入れる

パックやピーリングを使うと、肌表面の角栓に直接アプローチしてくれるので、肌のターンオーバーを正常に促すことができます。

肌の様子をみながら、定期的に使用するといいでしょう。

それぞれの特徴などを表にしてまとめました。

洗い流すタイプのパック
  • 肌への負担が少なく毛穴のお手入れが可能
  • 毛穴の汚れを吸着してくれるので毛穴詰まりの改善に効果的
剥がすタイプのパック
  • 角栓が一気に剥がせ、剥がしたものが目で確認できる
  • 使うときのコツなどがいらず簡単に扱えるので便利
ピーリング
  • 洗顔後に肌へ馴染ませるだけのケアで肌表面の古くなった角質を除去してくれる

以下は、使用する際に気を付けるべきことをまとめました。

パックやピーリングを行うときの注意点は?

お手入れするときは、使用頻度に気を付けましょう。

洗い流すタイプのパックやピーリングは刺激が強いので、肌に負担をかけないようにするために、肌の様子をみながら大体週に1~2回の頻度で使用するのがおすすめです。

剥がすタイプのパックは、肌への刺激が強いので頻繁に使用すると、角栓だけでなく角質まで剥がしてしまうことに。

肌への負担が大きいため、月に1回までを限度に使うといいでしょう。

お手入れ後のアフターケアはどうする?

お手入れ後のアフターケア

パックやピーリングを使ったあとには、しっかりとアフターケアをすることが大切です。

アフターケアには、以下の3点が有効です。

  1. しっかり保湿する
  2. すぐに紫外線対策をする
  3. 痛みや赤みが出た場合には冷やすようにする

肌が乾燥している状態なので、しっかり保湿をすることが重要です。

化粧水を塗ったあと、乳液を適量とって肌に馴染ませたら、ハンドプレスでしっかり浸透させるようにしましょう!

また、パックやピーリングなどでお手入れをした後は、肌が敏感になっています。

紫外線の影響を受けやすいので、シミなどの肌トラブルを避けるために、日焼け止めは必須です。

お手入れ後に万が一、肌に痛みや赤みが出てしまった場合には、様子を見ながら症状のある箇所を冷やすのがおすすめです。

※冷やしても症状が治まらない場合には、できるだけ早めに専門医に診てもらうようにしましょう。

黒ずみ毛穴対策⑤ビタミンC配合化粧品を取り入れる

ビタミンC配合化粧品を取り入れる

ビタミンCには、様々な効果が期待できます。どのような効果があるのか説明しますね!

ビタミンCが毛穴の黒ずみに期待できる効果とは?

  • 皮脂を抑える
  • 抗酸化作用がある
  • 紫外線によっておこるメラニンの生成を抑制する
  • 肌の炎症や色素沈着を防ぐ
  • すでにできてしまったメラニンを脱色する美白効果

上記のことから、スキンケアにビタミンCが配合されたものを使うことによって、毛穴の黒ずみ対策となることが納得できますね♪

そんな優秀なビタミンCですが、似たような名前で『ビタミンC誘導体』といったものもありますね。

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCになる前の成分のことです。それぞれの特徴を紹介します。

ビタミンCの特徴

  • 効果が強い
  • 成分が不安定
  • 肌への刺激が強い

ビタミンCは効果が強いですが、成分が不安定なため、光や熱や空気に触れるとすぐに酸化してします。

また、その場合はせっかくの効果が無くなってしまいます。

さらに、肌への刺激が強いので、敏感肌の人は肌に負担がかかってしまうかもしれませんので注意が必要です。

ビタミンC誘導体の特徴

  • ビタミンCと比べると効果が緩やか
  • 成分が安定していて酸化しにくいので使いやすい
  • 肌への刺激が少ない

ビタミンC誘導体は、ビタミンCと比べると、効果が緩やかです。

しかし、成分が安定しているため、酸化しにくく使いやすいといった特徴があります。
肌への刺激も少ないです。

そして、ビタミンC誘導体は、肌に塗ると体内の酵素によってビタミンCに変化し、ビタミンCと同じ効果を得ることができるんです。

では、ビタミンCやビタミンC誘導体などの成分には、どのような表示名称のものがあるのでしょうか?

表にしてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてください。

成分 表示名称
ビタミンC
  • アスコルビン酸
ビタミンC誘導体
  • アスコルビン酸グルコシド
  • リン酸アスコルビルMg
  • アスコルビルリン酸Na
  • 3-O-エチルアスコルビン酸
  • アスコルビン酸硫酸2Na
  • グリセリルアスコルビン酸
  • テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
  • ジパルミチン酸アスコルビル
  • パルミチン酸アスコルビルリン酸3Naなど

これからビタミンC配合化粧品を選ぶ際には、上記の表にあるような表示名称のものを選んで、ぜひ日々の生活のスキンケアとして取り入れてみてくださいね♪

まとめ


この記事では、毛穴の黒ずみをケアする方法をお伝えしてきました。

黒ずみを除去するための対策や予防をしっかりすることで、黒ずみのない綺麗な肌に近づくことができるでしょう。

ぜひ試してみてくださいね!