大人かわいいを楽しむ美容メディア

毛穴の黒ずみの原因ってなに!?NG習慣・除去するための正しいスキンケア方法が知りたい!

毛穴の黒ずみって、ポツポツして目立つので気になってしまいますよね。
実は毛穴の黒ずみが起こってしまうのは、毛穴詰まりが大きな原因。
「毎日丁寧に洗顔していても汚れは落ちないのかな?もしかして、これまでのスキンケア方法が間違っていたのかも?」
そんな風に思う人は多いのではないでしょうか。
でも大丈夫!毛穴の黒ずみは以下の2点に気を付けることで改善できるんです♪

  • 毛穴の黒ずみを悪化させるような行動をやめる
  • 正しいスキンケア方法を行う

毛穴ケアに適切な正しいスキンケアをすることで、毛穴詰まりの原因である肌の過剰な皮脂を抑えたり、ターンオーバーを正常に整えてくれるので、毛穴の黒ずみの改善につながるのです。

この記事では、毛穴の黒ずみの原因・悪化させてしまうNG習慣・黒ずみ毛穴に適した正しいスキンケア方法をお伝えしていきたいと思います!

毛穴の黒ずみの原因は2つ!


黒ずみ毛穴の原因は、以下の2つです。

  1. 角栓が詰まった「詰まり毛穴」
  2. 色素沈着が原因の「メラニン毛穴」
ひとつずつ詳しく解説していきます!

黒ずみ毛穴の原因その①:角栓が詰まった「詰まり毛穴」

「詰まり毛穴」は、黒ずみ毛穴の原因のひとつ。
角栓が詰まった状態が続いてしまった場合に、角栓が酸化されて黒ずんでしまうのです。
それでは、毛穴が詰まってしまう原因は一体どのようなことにあるのでしょうか?以下にまとめました。

  • 過剰な皮脂の分泌
  • 乾燥・汚れの蓄積によるターンオーバーの乱れ

過剰な皮脂の分泌

皮脂が過剰に分泌されることによって角化異常が起こり、毛穴が広がってしまいます。
さらに、皮脂が老化した角質や汚れなどと混じり、毛穴に詰まってしまうのです。

乾燥・汚れの蓄積によるターンオーバーの乱れ


肌が乾燥していたり、汚れが蓄積されることによって、ターンオーバーが正常に行われなくなってしまうと、毛穴詰まりの原因に。
ターンオーバーが乱れることによって、本来なら、垢となり自然に剥がれ落ちるはずの古くなった角質が剥がれなくなってしまいます。
蓄積された角質は、行き場をなくした結果、毛穴の中に入りとどまってしまい、詰まり毛穴となってしまうのです。

黒ずみ毛穴の原因その②:色素沈着が原因の「メラニン毛穴」


メラニン毛穴とは、毛穴の出口が炎症を起こし、メラニンが発生し色素沈着することで、毛穴部分が黒く見えてしまっている状態のことです。
メラニン毛穴の原因には、以下のようなものがあります。

  • 紫外線
  • 過剰なケアによる刺激

紫外線


紫外線によるメラニン毛穴は、毛穴の周りが輪のような形に黒くなるのが特徴です。
紫外線対策をしていない状態で紫外線にあたると、酸化した皮脂がメラニンを増やしてしまい、色素沈着し、毛穴の黒ずみの原因になってしまいます。
また、紫外線は、黒ずみだけでなく、シミやそばかすといった様々な症状が出てきてしまうので美容の大敵。注意しましょう。

1日の始まりに、スキンケアの後は日焼け止めなどを塗ってしっかりと紫外線対策をしておくのがおすすめです。そして、様子を見て小まめに日焼け対策をしておきましょうね。※紫外線対策については後ほどまた説明します!

過剰なケアによる刺激

スキンケアをする女性
必要以上にスキンケアをしていると、肌に刺激を与え、負担をかけてしまうことに。
そうすると、肌は刺激から自らを守ろうと皮脂の分泌が増えるため、毛穴詰まりやメラニン毛穴の原因になってしまうのです。
過剰なスキンケアや洗顔・肌への摩擦・ピーリングのやりすぎなどには十分に注意しましょう!

では次に、どのような行動によって毛穴の黒ずみができてしまうのか、原因となるNG習慣を詳しくみていきましょう。

黒ずみができるNG習慣その①:洗顔する際ゴシゴシと洗っている

ゴシゴシ洗顔する女性
毛穴の黒ずみが気になるので、ゴシゴシとしっかり洗顔したくなるかもしれません。しかし、摩擦で肌を傷つけてしまう恐れがあるため、洗顔の仕方には注意しましょう。
以下に、洗顔のポイントをまとめました。

  1. 洗顔料をしっかり泡立てて泡で洗うイメージで洗顔する
  2. 肌をこすらないように優しく洗う
  3. ぬるま湯で20~30秒ほどで洗顔を完了させる

洗顔料をしっかり泡立て、顔全体を泡で洗うイメージで優しく洗いましょう。
また、肌を擦らないように、ぬるま湯(32度くらい)でしっかりすすぎ、タオルをそっと顔にあて、水分を拭きとりましょう。洗顔にかける時間は、20~30秒ほどがいいでしょう。
ゴシゴシと洗ってしまい肌が傷ついてしまうと、メラニン色素が過剰に生成され、色素沈着してしまい、黒ずみ毛穴の原因になりかねません。

また、過剰に洗顔してしまうと、本来なら皮膚を守ってくれる役割がある皮脂をとりすぎてしまうため、バリア機能が低下し、水分の蒸発を進めるので、乾燥につながってしまいます。
乾燥も毛穴の黒ずみの原因になるので気を付けましょう。適度な回数で適量のスキンケア用品を使うことが乾燥を防ぐために大切です。

黒ずみができるNG習慣その②:剥がすタイプのパックを頻繁に使っている


剥がすタイプのパックは、角栓を取るのに有効なアイテムです。
しかし、頻繁に使ってしまうのはNGです。
頻繁に使ってしまうと、角栓だけでなく角質まで剥がしてしまうので、肌に負担がかかってしまいます。
肌への刺激の強さから、メラニンが生成され、乾燥をおこし乾燥を補うために皮脂が過剰に分泌され、黒ずみ毛穴の原因に。

剥がすタイプのパックの使用頻度は、週に1回を限度として、自分の肌の状態のチェックをしながら、日々調節して使いましょうね。

黒ずみができるNG習慣その③:角栓を指でムニュっと押し出す


一見、指でムニュっと押し出せそうな角栓。ですが、角栓を指で押し出すのは、NG行為です!
毛穴への刺激となり炎症を起こしてしまうため、角質肥厚につながり、さらに毛穴詰まりを起こしてしまうことに。

そして角栓は、押し出して一時は除去できたとしても、押し出したときから24時間以内にはまた再生し始めてしまうんです…。ですので、無理に除去しようとするのはやめておきましょう。

黒ずみができるNG習慣その④:毛穴を隠すためにコンシーラーやファンデーションで厚塗りをしている

メイクの厚塗りによる毛穴の黒ずみの目立ち
「黒ずみ毛穴や角栓をどうにか目立たなくしたい」といった思いから、毛穴を隠すためにコンシーラーやファンデーションで、つい厚塗りをしてしまうことってありませんか?
しかし、コンシーラーやファンデーションを厚塗りしてしまうと、肌に負担がかかり、化粧崩れしやすく毛穴が通常よりも目立ってしまうので、逆効果なんです。
また、メイクが肌の凹凸に入り込み、クレンジングしても落ちにくい状態になってしまうので、しっかりと“洗浄力の高いクレンジング”で落とす必要があります。

例えばオイル・クリームタイプのクレンジングなどは洗浄力が高いですが、拭き取りタイプのクレンジングだと、肌の凹凸に入り込んでしまった汚れを落とし切ることができません。
そして、落としきれなかった汚れは毛穴詰まりの原因となってしまうのです。

黒ずみができるNG習慣その⑤:紫外線対策が不十分


紫外線対策をしないまま紫外線を浴びてしまうと、肌の水分が蒸散して乾燥し、ターンオーバーが乱れたり、メラニンが過剰に生成されることによって、色素沈着につながってしまいます。
紫外線対策をきちんとすることで、肌の水分の蒸散を防くので、乾燥せず、メラニンが過剰に生成されないようにします。
そして、ターンオーバーが正常に行われていくことで、色素沈着を避け、毛穴の黒ずみがきちんと垢として剥がれ落ち、今ある黒ずみが改善されていくことでしょう。

紫外線対策に効果的なものは?
紫外線対策には、やはり日焼け止めが有効です!朝起きてスキンケアしたらすぐに日焼け止めを塗りましょう。また、日傘を利用したり、肘まである手袋、帽子、飲む日焼け止めサプリメントなどを利用するのもいいでしょう。
家の中にいても紫外線は入り込んできます。外出しない日でも必ず日焼け止めをして紫外線対策を毎日続けましょう!

黒ずみができるNG習慣その⑥:食生活が乱れている

食生活の乱れ
食生活が乱れていると、ターンオーバーが乱れてしまうため、本来ならば自然と垢になって剥がれ落ちるはずの角質が剥がれなくなってしまい、角栓となり、結果的に黒ずみ毛穴の原因に。
特に糖や脂肪の摂りすぎは皮脂を過剰に分泌してしまうため、極力避けたほうがいいでしょう。
皮脂を過剰に分泌させてしまう食べ物を以下にまとめました。

  • 揚げ物
  • ピザ
  • ラーメン
  • ファストフード
  • スナック菓子や甘いお菓子など

このような糖や脂肪の多い食事ばかりを食べていると、体に必要なビタミン・ミネラルが不足してしまうことに。これも、皮脂を過剰に分泌させてしまう原因になります。

では、どのような栄養素や食べ物を摂るのがいいのか、詳しくみていきましょう♪
皮脂の分泌を抑える栄養素・食べ物
ビタミンB2 魚介・肉・藻類・豆・乳・卵・野菜・種実類(アーモンドやごま)など
ビタミンB6 魚介・穀類・種実類・野菜(ししとうやモロヘイヤ)など
ビタミンC 果実・野菜(レモンや赤パプリカやブロッコリー)・芋やデンプン類など
肌のターンオーバーを正常に整える栄養素・食べ物
タンパク質 肉・魚介・卵・乳などの動物性の食品や豆・穀類などの植物性食品に多く含まれる
亜鉛 魚介・肉・藻類・野菜・豆・種実類に多く含まれる(特に牡蠣やウナギのかば焼きや豚レバー)
ビタミンE 種実類(特にアーモンド)・油脂類・穀類・魚介・豆・野菜など

果実類はビタミンが多いですが、糖分も多いので食べすぎには注意しましょう!
全体的にバランスよく食べることで、必要な栄養素を摂ることができますよ。

おすすめは、彩りよく盛り付けて食べること。この方法で大体の栄養素を確保できるので、ぜひ試してみてくださいね♪

ここまで、黒ずみ毛穴を作る原因となるNG習慣6つを解説してきました。
それでは次に、症状を改善するための正しいスキンケアを紹介していきます!

毛穴の黒ずみを改善する正しいスキンケアは?


黒ずみを除去するためには、正しいスキンケア(クレンジング・洗顔・保湿など)、適した成分のものを使うことがとても大切です。
今ある角栓を除去するのはもちろん、肌のターンオーバーを整えたり、皮脂の過剰分泌を防いでくれるので、将来的にも美肌を保つことができますよ。

これらをきちんと理解したうえで、毎日継続して正しいスキンケアを行うことが基本となるので、ぜひ以下の内容を参考にしてみてくださいね♪

正しいクレンジングや洗顔方法について

まずは正しいクレンジングと洗顔方法について説明します。

正しいクレンジング

正しいクレンジング
  1. クレンジング剤を手に取り温める
  2. Tゾーン→Uゾーン→頬や目元などの順に円を描くように馴染ませる
  3. 必要であれば少量の水を付けて乳化させる
  4. ぬるま湯(32度くらい)でしっかり洗い流す

クレンジング剤は、手で温めるとメイクとの馴染みが良くなります。
顔にのせるときの順番としては、皮脂の多いTゾーン→Uゾーン→頬や目元などの順で馴染ませましょう。(肌トラブルの多い箇所から、皮膚が薄くデリケートな箇所にかけて)
くるくると円を描くように優しくクレンジングしていきます。
メイク汚れが浮いてきたら、必要であれば浮いたメイク汚れを流しやすくするために、乳化しましょう。
オイルなどは乳化が必要ですので、少量の水を足して乳白色になったのを確認できればOKです!
メイクを落とすことができたら、あとは32度くらいのぬるま湯でしっかり丁寧に洗い流します。

肌に負担がかかるのを避けるため、ぬるま湯を顔にかけて流すようなイメージで優しく流しましょう。

洗顔方法は?

洗顔をする女性
  1. 洗顔料をしっかり泡立たせる
  2. Tゾーン→Uゾーン→頬や目元などの順に円を描くように馴染ませる
  3. ぬるま湯でしっかり洗い流す

洗顔は、洗顔料の泡をたっぷりと作り、泡で優しく洗うイメージでおこなってください。
洗顔する順番は、クレンジングするときと同様に、Tゾーン→Uゾーン→頬や目元などの順に円を描くように行いましょう。
毛穴をしっかり洗いたいので、くぼんでいる小鼻などは、片方の手で肌を引っ張りながら洗うと綺麗に洗浄することができますよ。

たっぷりの泡を立てるために、洗顔ネットなどを使うと、簡単にきめ細かい泡が作れますよ♪

【Q】洗顔する際に角栓を取り除きやすくするコツはあるの?

【A】クレンジング前にHotタオルをあてて毛穴を開いておいたり、洗顔ブラシで優しく毛穴を洗うといいですよ!

Hotタオルと洗顔ブラシ
Hotタオルで顔全体を包み込むことで毛穴が開き、角栓が緩みます。毛穴に隙間もできるため、この状態で洗うことで、より綺麗に毛穴の洗浄をすることができます。

毛穴の角質がふやけて毛穴から出ている場合は、タオルでそっと優しくふき取ってくださいね。
また、洗顔ブラシを使うことで、毛穴の奥の汚れまでしっかりとってくれるため、かなり洗い上がりが綺麗になりますよ♪

クレンジングや洗顔の後には毛穴を引き締めて!

クレンジング・洗顔後は、毛穴が開いたままの状態になっているため、冷たい水で顔を冷やして毛穴を引き締めておきましょう。

乾燥を防ぎ肌のターンオーバーを整えるために保湿も重要!

毛穴の黒ずみには保湿も
クレンジングや洗顔の後には、どんどん肌が乾燥していってしまうため、すぐに保湿をするように心掛けましょう。
肌が乾燥すると、過剰に皮脂を分泌したり、ターンオーバーが乱れる原因になってしまいます。
保湿液や乳液を適量塗って、ハンドプレスして馴染ませるとしっかり保湿されますよ。

使う保湿液は、保湿力が高いものや美白(メラニンの生成を抑制する)効果があるものだと、さらに効果的です♪

毛穴の黒ずみにはどんな成分が適しているの?

黒ずみ毛穴に適した成分
毛穴の黒ずみに効果的な成分を以下にまとめました。

  1. AHA(オレンジ果汁・ビルベリー葉エキス・リンゴ幹細胞エキスなど)
  2. アーチチョーク葉エキス
  3. 重曹

AHAは、角質を分解する働きがあります。アーチチョーク葉エキス・重曹は、毛穴の目立ちや黒ずみを抑制する効果が期待できるので、積極的に使ってみるといいでしょう。
また、美白成分の入っているものは、メラニンの生成を抑制してくれるので、今ある黒ずみではなく、将来的に出てくるかもしれない黒ずみの予防にも繋がります。
ぜひチェックしてみてくださいね♪

これらの成分が入っているスキンケアを選ぶことで、気になる黒ずみを改善していきましょう!

まとめ

いかがでしたか?
毛穴の黒ずみは、「詰まり毛穴」や「メラニン毛穴」が原因で起こります。
これらを改善するためには、日々の生活の中で原因行動となっているNG習慣を見直し、正しいスキンケアを行い、規則正しい生活を送ることが大切です。
ぜひ、この記事の内容を参考にして、毎日の暮らしの中に取り入れてみてくださいね!
黒ずみができるNG習慣は以下の6つ!

  1. 洗顔する際ゴシゴシと洗っている
  2. 剥がすタイプのパックを頻繁に使っている
  3. 角栓を指でムニュっと押し出す
  4. 毛穴を隠すためにコンシーラーやファンデーションで厚塗りをしている
  5. 紫外線対策が不十分
  6. 食生活が乱れている

1つでも当てはまる物があったら、改善してみてください。