大人かわいいを楽しむ美容メディア

白髪に効果的な6つの対策を紹介!白髪を黒髪に改善する方法とは?

白髪が気になる、または増えてきたという人は、多いのではないでしょうか。

もしも、白髪を黒髪に戻す方法や、自分でできる対策があるとしたなら、実践してみたいと思いますよね。

なんと、原因によって黒髪に戻せる可能性のある白髪もあるんです!

では、一体何をしたら改善できるのでしょうか?

この記事では、白髪に効果的な6つの対策と、白髪を改善する具体的な方法を解説していきます!

白髪を黒髪に戻すことはできるの?

白髪を黒髪に戻すことはできるの?

先ほども紹介したように、白髪は、原因によっては黒髪に戻る可能性があるんです!

白髪の主な原因は、メラニン色素が生成されなくなることですが、メラニン色素が生成されなくなってしまう原因を取り除くことが、白髪を改善する方法といえるでしょう。

それでは、白髪の原因を詳しくみていきましょう。

白髪ができる原因とは?

白髪ができる主な原因は以下の通りです。

  1. 加齢によりメラノサイトの機能が低下した
  2. 近親者からの遺伝によるもの
  3. 栄養や睡眠が不足している
  4. ストレスが溜まってしまった
  5. チロシンの不足

①加齢によりメラノサイトの機能が低下した

加齢によりメラノサイトの機能が低下

年を重ねることによって、メラノサイトの機能が正常に働かなくなります。

そうすると、メラニンが生成されなくなってしまい、白髪が増えるようになるのです。

メラノサイトの機能を回復させるためにできることは色々ありますので、後ほど対策として詳しく紹介しますね。

②近親者からの遺伝によるもの

近親者からの遺伝

近親者からの遺伝による白髪の場合は、両親や親族で早期に白髪が多く生えた人がいると、自身にも遺伝しやすいといわれています。

③栄養や睡眠が不足している

栄養や睡眠が不足

色素細胞の働きを正常にするためには、いくつか必要な栄養素があります。

これが不足していたり、睡眠不足のために細胞の代謝が落ちてしまうと、白髪の原因になってしまうのです。

④ストレスが溜まってしまった

ストレス

ストレスを過剰に感じてしまうことも、白髪の原因になってしまいます。

ストレスは、活性酸素を作ったり血液の流れを悪くするので、白髪になりやすい体質になってしまいます。

また、ストレスが溜まると、様々な体調不良を招いてしまう原因にもなりかねません。

こまめに発散をして、リラックスできる時間を増やすことが大切です。

⑤チロシンの不足

チロシンの不足

チロシンとは、メラニンを作るために必要なものです。

メラニンを作るための色素細胞が正常な状態でも、チロシンが不足していたらメラニンを作ることができません。

記事の後半では、チロシンを多く含む食べ物を詳しく紹介しますね。

黒髪に戻すことができる白髪とは?

黒髪に戻すことができる白髪とはそれでは、黒髪に戻すことができる白髪について解説していきます。

白髪は、原因によっては元に戻すことができますが、白髪を黒髪に戻せるのはたったの2割程度です。

一体、どのような原因のものが黒髪に戻せるのでしょうか。以下にまとめました。

  1. メラノサイトの機能が低下したことによるもの
  2. チロシンの不足が原因によるもの

メラノサイトそのものが消失してしまうと、メラニンを作ること自体ができなくなってしまうため、白髪が元に戻りません。

ですが、メラノサイトの機能が低下し消失してしまう前の早い段階から、白髪の予防のためのケアをすることで、白髪を防ぐことはもちろん、治せる可能性があるのです。

また、チロシンの不足による白髪は、チロシンが含まれる食べ物を摂ることで防ぐことができます。

詳細は、このあと説明する白髪対策のなかで紹介していきますね!

対策①ヘッドマッサージや頭皮用美容液で頭皮のケアをする

ヘッドマッサージや頭皮用美容液で頭皮のケア

頭皮は、しっかりケアすることが大切です。

指の腹を使って、頭皮を傷つけないように揉みほぐしましょう。このとき、肩や首回りも一緒にケアするといいでしょう。

そうすることで、筋肉の緊張をほぐし、血行を促進したり、頭皮の環境を良くすることができます。

髪は頭皮から栄養素を吸収して作られますが、凝り固まった筋肉や血行不良は、栄養素の吸収を阻害してしまうため、栄養不足となり、白髪の原因になってしまいます。

自分でヘッドマッサージをするのが大変な人は、サロンで施術を受けるのもおすすめです。

また、頭皮用美容液を使ってケアをするのもいいでしょう。

頭皮用美容液とは?

頭皮用美容液

頭皮用美容液とは、頭皮の保湿をするものですが、最近では健康的な髪の毛を作る目的として、毛乳頭細胞に調節働きかけるものも多く出ています。

白髪自体に効果は確認されていませんが、頭皮環境を良くしたり、血行促進の効果があるため、白髪の予防に繋がります。

頭皮用美容液には、化粧品・医薬部外品の扱いがあり、それぞれ期待できる効果は以下の通りです。

頭皮用美容液(化粧品) 保湿することで頭皮環境を良くする
頭皮用美容液(医薬部外品) 血行促進・殺菌成分(効果が有効だと国に認められた成分が配合されている)

対策②頭皮環境が良くなるヘマチン配合シャンプーを使う

頭皮環境が良くなるヘマチン配合シャンプーを使う

白髪対策には、シャンプー選びも大切です。

髪を黒くする目的でシャンプーを選ぶということではなく、白髪予防の一環として、頭皮の環境を良くするために、シャンプーを選ぶのです。

おすすめは、ヘマチン配合シャンプー。まず、ヘマチンとは何かを解説しますね。

へマチンとは?

へマチンとは

ヘマチンとは、人体や動物の赤血球のヘモグロビンに含まれる天然成分のことで、髪の主成分であるケラチンと結合する性質があります。また、酸素を吸収するといった特徴も。

効果は以下の通りです。

ヘマチンの効果
  • メラニン色素を活性化させる
  • 紫外線や活性酸素を除去する
  • 白髪染めなどの効果の持続をサポート

ヘマチン配合シャンプーを使うことで、メラニン色素を活性化させる効果が期待できます。

また、酸素を吸収する特徴があることから、老化などの原因となる活性酸素を除去し、ヘマチンがケラチンと結びつくことで紫外線ダメージを防ぐので、頭皮環境を整えてくれます。

さらに、ヘマチン配合シャンプーには、白髪染めの持ちを良くして、白髪染めを繰り返すことにより、傷んでしまった髪のダメージを補修してくれるといった効果があるんです。

ヘマチン配合シャンプーを使うだけという手軽なケアなので、忙しい人でも簡単に白髪対策ができます。ぜひ、毎日の生活に取り入れてみてくださいね。

対策③ストレス発散をして自律神経のバランスを整える

ストレス発散をして自律神経のバランスを整える

白髪対策には、ストレス発散をすることも大切です。

一見、白髪には関係なさそうなストレスですが、過度なストレスが原因で白髪になってしまう可能性もあるのです。

では、ストレスが髪の毛に与える影響とは、一体どのようなものでしょうか。

ストレスが溜まってしまうことによって、自律神経のバランスが乱れてしまいます。

副交感神経よりも交感神経が優位に立ってしまうと、血管が収縮したり筋肉が緊張してしまうことに。

その結果、頭皮が血行不良になってしまうため、メラノサイトの機能が低下します。そうなると、白髪が増えてしまう可能性があるのです。

ですので、できるだけストレスを溜め込まないように、普段から発散して楽しく過ごすように心がけましょうね。

ストレスの発散方法は?

ストレスの発散方法

ストレスを上手に発散するには、自分の好きなことや楽しいことをできる範囲でするのが一番でしょう。

また、日常的に取り入れられるストレス発散方法としては、入浴する際に、体をしっかり温めて疲れを癒してあげるのがおすすめです。

38度~40度くらいのお湯で半身浴をして、リラックスタイムを過ごしましょう。

半身浴には、自律神経のバランスを整える効果があるので、ぜひ試してみてくださいね!

自分の好きな香りの入浴剤やソルトなどを入れると、気分転換もできますよ♡

対策④質の良い睡眠をとって成長ホルモンを分泌させる

質の良い睡眠

質の良い睡眠をとれていないと、睡眠不足の状態になります。

睡眠不測の状態だと、脳に必要な酸素が送り込まれなくなるので、頭皮の血行が悪くなってしまいます。

また、成長ホルモンの分泌が妨げられるので、髪に様々な影響を及ぼします。

睡眠不足による髪への影響とは?

睡眠不足による髪への影響とは

睡眠不足は、髪にどのような悪影響があるのでしょうか。以下にまとめました。

睡眠不足が及ぼす髪の毛への影響

  • 白髪が増える
  • 発毛不良になる
  • 切れ毛・枝毛・抜け毛が増える

睡眠不足の状態だと頭皮が血行不良になるので、メラノサイトの機能が低下して、白髪が増える原因になります。

また、成長ホルモンの分泌が妨げられることで、髪の修復作業ができなくなるので、発毛が正常に行われなくなったり、切れ毛・枝毛・抜け毛が増えてしまうことに。

そのような理由から、健康的な髪の毛を作るためにも、質の高い睡眠は欠かせないのです。

では、質の良い睡眠とは何でしょうか。

質の良い睡眠とは?

質の良い睡眠とは

質の良い睡眠とは、「心身ともにしっかりと充分に休むことができる睡眠」のことです。

質の良い睡眠がとれていない場合は、体の疲れが取れていなかったり、頭がぼーっとしたり、まだ眠り足りなかったり、だるさなどが残ります。

逆に、寝つきが良く、ぐっすりと眠ることができ、目覚めたときにすっきりと気持ちよく起きられたときには、質の良い睡眠がとれたといえるでしょう。

質の良い睡眠は、ノンレム睡眠に入ることで得られます。

ノンレム睡眠とは、深い眠りのことです。

規則正しい生活をしていくことで、深い眠りにつくことができるでしょう。

理想的な睡眠時間は?

理想的な睡眠時間

理想的な睡眠時間は、ゴールデンタイムを含め、7時間ほどです。

ゴールデンタイム…22時~2時の時間帯

副交感神経が活発になっているとき、健康な髪を作るのに欠かせない成長ホルモンが分泌されます。

副交感神経は、ゴールデンタイムの時間がもっとも活発になるため、ゴールデンタイムも含めて、しっかり睡眠することを心がけましょう。

日中の間に、適度な運動やストレッチをすることで、よく眠れるようになりますよ。

対策⑤紫外線対策をしてメラニン色素を守る

紫外線対策

紫外線を浴びると、メラニン色素にダメージを与えてしまうので、白髪になってしまう可能性があります。

この場合は、髪の頭頂部である、分け目部分に白髪が多く生えてくるのが特徴です。分け目部分は、紫外線を浴びやすい箇所だからです。

肌の紫外線対策をする人は多いですが、白髪を増やしたくないなら、頭皮までしっかり気を使って対策するようにしましょう。

頭皮の紫外線対策として、いくつかの方法を以下にまとめました。

頭皮の紫外線対策

  • 帽子をかぶる
  • 日傘を使う
  • 髪用の日焼け止めスプレーを使う
  • 分け目を変える
  • 日焼けしたと感じたら冷やす

外出をする際には、帽子を被ったり日傘を使ったりすることで、頭皮への紫外線を防げるので、ダメージがかなり軽減されるでしょう。

また、髪用の日焼け止めスプレーを使うことで、さっと手軽に対策することができます。

日焼け止めスプレーを使うときには、効果を持続させるために、こまめに使うようにしましょう。

帽子や日傘、髪用の日焼け止めスプレーの他にも、分け目を変えることも効果的です。

分け目をこまめに変えることで、紫外線を避けられるので、結果的にダメージを減らすことができます。

このような紫外線対策をしても、もし頭皮に日焼けをしてしまったと感じたら、アフターケアをするのを忘れずに。

冷やしたタオルを頭に乗せるなどして、頭皮を冷やすことをおすすめします。シャンプーするときには、頭皮に刺激を与えないように、優しく洗うようにしましょう。

対策⑥白髪に効果的な栄養素を摂って白髪を改善する!

白髪に効果的な栄養素を摂って白髪を改善する

白髪に効果的な栄養素と、その栄養素を豊富に含む食べ物がいくつかあります。

これらをバランス良く食べることで、白髪予防や改善に繋がるので、ぜひ参考にしてくださいね!

まず、メラニンを作るために必要なチロシン。

チロシンを多く含む食べ物を日常的に食べることで、チロシン不足が原因による白髪は改善されることでしょう。

チロシンが多く含まれる食べ物 チーズ・大豆

※ミネラル・亜鉛を多く含む海藻類・魚介類・きのこ類は、チロシンの働きを助ける効果があるので、一緒に食べるようにしましょう。

チロシンの他にも、白髪に効果的だといわれる栄養素や食べ物を、期待できる効果と併せて表にまとめました。

白髪に効果的な栄養素 効果 多く含まれる食べ物
ビタミンE 頭皮の血行を良くする アーモンド・油脂・穀類・魚介類・豆類・野菜など
ビタミンB2 代謝を良くする 魚介類・肉類・藻類・豆類・乳・卵・野菜・種実類
ビオチン 頭皮の環境を良くする レバー・卵黄・玄米・キノコ類
亜鉛 頭皮を健康にする 肉類・牡蠣・アワビ・タラバガニ・するめ・卵・チーズ・納豆・種実類・穀類など

白髪に効果的な栄養素は、食べ物以外にもサプリで補うこともできます。

毎日忙しくて自炊する時間がない人や、手軽に栄養素を補給したいという人には、サプリを摂ることをおすすめします。

毎日継続して栄養を摂ることが重要なので、あまり神経質にならずに、気軽にいろんな食べ物をバランスよく食べることから始めましょう!

まとめ

いかがでしたか?今回の記事では、白髪に効果的な6つの対策と、白髪を黒髪に改善するための方法をお伝えしました。

毎日継続して、頭皮の血行を促進したり、白髪に効果的な栄養素を摂る対策を続けることで、白髪がだんだん目立たなくなるでしょう。

しかし、「生えてしまった白髪を早く目立たなくしたい!」といった場合には、白髪染めですぐに対応することもできますよ。

ぜひ、この記事を参考にして、自分に合った方法で白髪対策をしてみてくださいね!