大人かわいいを楽しむ美容メディア

白髪が目立たないカラーは?年代別におすすめのカラーを紹介!

ついこの前、白髪を染めたのに「また白髪が増えてきた…」という方は多いのではないでしょうか。

定期的に白髪を染めてもすぐに生えてくるのでイライラしたり、頻繁に白髪染をするのも髪へのダメージが気になりますし何より面倒ですよね。

白髪を目立たせなくするにはカラー選びが重要なポイントで、カラーは明るめの色を選ぶと白髪は目立ちにくくなります。

明るめのカラーは白髪を目立たせないだけでなく、髪にツヤ感を持たせるので美髪に見せる効果があるのでおすすめですよ!

そこで、ここでは

  • 白髪を目立たせないカラーと、カラー選びのコツ
  • 年代別におすすめの白髪が目立たないカラー
  • イルミナカラーでおすすめの色

などについて紹介していきますので、白髪が気になる方は参考にどうぞ!

白髪を目立たせない!髪色をキレイに見せるコツ

白髪を目立たせない!髪色をキレイに見せるコツ

白髪を目立たせないためには、どのようなカラーを選ぶのかも大切なことですが、

「どのような印象を与えるカラーにしたいのか?」
「ヘアカラー後の髪をキレイに見せるにはどうすればいいのか?」

なども意識する必要があります。

ここからは、白髪を目立たせないカラー選びや、髪をキレイに見せるコツなどを紹介していきましょう。

明るめのカラー

明るめのカラー

白髪を目立たせないためには、カラー選びが重要です。

では具体的にどのようなカラーを選ぶと良いのでしょうか?

まずは、白髪が目立たなくなるカラーや白髪を目立たせないカラーリングの手法を見ていきましょう。

  • 明るめのブラウン
  • ハイライト
  • ウィービング

全体的に髪色をダークカラーにしてしまうと、白髪が生えてきたときに光って見えるので逆に目立ってしまいます。

しかし、明るめのブラウン系の髪色にすると、白髪が出てきても髪全体が馴染みやすいので目立ちにくくなるのです。

また、白髪のタイプは「真っ白タイプ」と「やや黄みががったタイプ」の2通りのタイプがあります。

白髪が真っ白なタイプの方は、ハイライトやアッシュ系にすると白髪が目立ちにくく、白髪が黄みがかった色の方はベージュ系のカラーにすると白髪が目立ちにくくなるでしょう。

ちなみに、「ウィービング」とは、髪の毛を少量ずつとってベースのカラーよりも明るい色でカラーをすることです。

ウィービングは、髪全体を染めるわけではないので髪の痛みを最小限に抑えることができるメリットがあるため、髪へのダメージが気になる方や、「白髪自体はチラホラとあるけれど量はそれほど多くない」という方におすすめの手法です。

また、ウィービングと同じ用な手法で「メッシュ」があります。

メッシュも白髪が目立ちにくくなる効果がありますが、ウィービングとどう違うのでしょうか。

ウィービングとメッシュの違い

  • ウィービング…髪を細かくすくい上げ、線状にカラーリングをする
  • メッシュ…ウィービングより多めの毛束を不規則に毛束をカラーリングする

このようにカラーの入れ方が違うので仕上がりも全く異なります。

カラーリングした部分が髪全体と馴染みやすく、自然な状態に見せたいのであればウィービングの方を選ぶといいでしょう。

ツヤ感

ツヤ感

髪にツヤ感がなく、傷んでパサパサな人は「清潔感がない」「疲れていそう」などあまりいいイメージを持たれませんし、せっかくヘアカラーで白髪を目立たせなくしてもツヤ感がなければ「きれいな髪」とは思えませんよね。

しかし、カラーリングをする場合、髪へのダメージは避けられません。

特に市販のヘアカラー剤は、どのような髪質の人でも染められるよう、アルカリ剤など髪へのダメージを与える成分が美容院で使用されているものより多く含まれています。

傷み方も激しいので、カラーだけでなく髪のツヤ感を出すことも意識し、定期的にトリートメントを行うなど髪のメンテナンスもしておきましょう。

パーソナルカラー

パーソナルカラー

人には「パーソナルカラー」という、その人に似合う色があります。

パーソナルカラーは肌の色や瞳の色、唇の色で分かるので、髪色を選ぶ際は自分のパーソナルカラーに合わせると良いでしょう。

パーソナルカラーを知ることで以下のようなメリットがあります。

  • 顔の印象が明るくなる
  • より似合うヘアカラーやメイクの色が分かる
  • 肌はキレイに見えたり、若々しく見せる

などがあります。

パーソナルカラーの診断方法は、インターネットで検索すると診断することができますし、「よく分からない」という方は美容師などに直接聞くと教えてもらえますよ。

ライフスタイル

ライフスタイル

オフィスワーカーなのか、ママ友の交流が多いのかなどライフスタイルによって「自分は周囲にどのように見せたいのか?」が違いますよね。

例えば、アッシュ系のカラーはクールで知的な印象を与えますし、暖色系だと柔らかい印象になり相手に安心感を与える効果があります。

そのため、周囲にどのような印象を与えたいのかを意識してカラーを選ぶのもおすすめです。

それでは、ここからは年代別にどのようなカラーがおすすめなのかを紹介していきます。

【30代】白髪が目立たないカラーは明るめ&ハイライト

【30代】白髪が目立たないカラー

30代なら「髪全体ががっつり白髪」という方は少ないですし、仮に白髪の量が同年代よりも多かったとしてもグレイヘア(あえて白髪を染めず白髪を活かしたヘアスタイルのこと)をするにはちょっと早すぎます。

そのため、カラーは明るめのブラウンやハイトーンのハイライト、ウィービングがおすすめです。

白髪はいつの間にか増えているため、今後気が付かないうちに白髪が生えていても、目立たないよう明るめのカラーを選ぶといいでしょう。

また、ハイトーンのハイライトやウィービングにすると髪が伸びで根本の色が出てきても目立ちにくいというメリットがあります。

30代ならまだまだ家事、育児、仕事と忙しくマメに髪を染める時間がない方も多いと思いますので、ちょっとサボっても長期間キレイな状態をキープしやすいウィービングはおすすめです。

【40代】白髪が目立たないカラーはナチュラルハイライト

【40代】白髪が目立たないカラー

40代におすすめの白髪が目立たないカラーは、アッシュブラウンやナチュラルハイライトです。

ブラウン系の髪色でしたら、初めてのカラーリングでも、抵抗がない方は多いのではないでしょうか。

しかし、ブラウンは時間が経つと髪色が赤や黄色っぽくなり逆に白髪を目立たせてしまいます。

そのため「ブラウン」ではなく「アッシュブラウン」がおすすめです。

ブラウンにアッシュをプラスすることで、時間が経ってヘアカラーの色が落ち始めても赤みや黄色っぽさを抑えることができます。

また、ナチュラルハイライトは髪を立体的にみせることもできますし、スジ状にハイライトを入れるので白髪があっても目立たないというメリットがあります。

【50代】白髪が目立たないカラーはアッシュ系

【50代】白髪が目立たないカラー

50代におすすめの白髪が目立たないカラーは、アッシュベージュやシルバーアッシュです。

アッシュ系のカラーは白髪を目立たせなくする効果がありますし、ベージュを入れることでエレガントさを出すことができます。

明るい色なので白髪が伸びても分かりにくいのもメリットですね。

ベージュアッシュは髪全体が明るいため、「ちょっと抵抗がある…」と感じる方は、シルバーアッシュのハイライトがおすすめです。

白髪を隠すというより、白髪を活かしたヘアスタイルです。

ベースカラーによって印象は異なりますが、シルバーアッシュは上品で落ち着いた印象を与えます。

イルミナカラーで白髪が目立たない色は?

イルミナカラーで白髪が目立たない色

「イルミナカラー」とは、カラーをした際の髪のダメージを軽減し、ツヤを与え手触り感を良くするカラーリングです。

イルミナカラーは、染めるたびに”よりツヤのある美しい髪になる”というのが最大のメリットですので、ヘアカラーによる髪の傷みが気になる方、透明感のある柔らかな印象のカラーをしたい方におすすめです。

イルミナカラーで白髪が目立たない色は、白髪の量により異なります。

白髪の量 おすすめカラー
白髪の量が多い グレージュ
白髪が目立ち始めた ピンクブラウン
白髪の量が少ない バイオレットグレージュ

白髪の量が多い、または根元などに集中して生えている方はグレージュにすると、新たに白髪が増えても他の髪と馴染みやすく白髪を目立たせません。

白髪の量はそれほど多くないけれど「少しずつ増えてきているので気になる」と感じる方は、「ピンクブラウン」がおすすめ。

「ピンク」というと派手な色をイメージしがちですが、ピンクブラウンはダークよりの落ち着いた印象のカラーです。

白髪がまだそれほど目立たない方は、バイオレットグレージュにすると白髪を目立たせず、髪にツヤと透明感を出すことができますよ。

ダメージが少ないヘアマニキュアでの白髪染めも◎

ダメージが少ないヘアマニキュアでの白髪染めも◎

白髪が気になるけれど、ヘアカラーをしたくない方は髪へのダメージが少ないヘアマニキュアがおすすめです。

ヘアカラーの場合は、薬剤で髪のキューティクルを開き髪色を変えるので髪へのダメージも大きいのですが、ヘアマニキュアの場合は髪の上に色をかぶせて髪色を変えるので、髪の組織を壊さない(傷ませない)という特徴があります。

ただ、髪の上に色をコーティングしている状態なので、日にちが経つと色落ちし、色味が変わってしまうところがデメリット。

色持ちする期間は白髪の量により異なりますが、だいたい1ヶ月くらいですのでヘアカラーよりマメに染める必要があります。

お手軽な白髪染めならカラーバター

美容院へ行く時間がない方は、カラーバターがおすすめです。

「カラーバター」とは、髪のダメージケアをしながらヘアカラーもできるもので、シャンプー後に通常のトリートメントと同じ用に髪に馴染ませるだけで白髪染めができます。

カラートリートメントも同じような使い方をしますが、カラーバターとカラートリートメントには、少し違いがあるようです。

カラートリートメント カラーバター
テクスチャ 柔らかい 硬め
放置時間 5分~10分 20分~40分

カラーバターは染める時間はかかりますが、長時間放置するため髪が染まりやすく、カラートリートメントは短時間馴染ませるだけなのでジワジワと染まります。

そのため、髪を染めたことを周り気付かれたくない方は、カラートリートメントがおすすめです。

また、カラーバターはテクスチャが硬めなので、少し塗りづらく感じるかもしれません。

ジワジワ染めたい人や、髪に馴染ませやすい柔らかめのテクスチャが好みの人は「マイナチュレ」のようなヘアカラートリートメントを選ぶといいでしょう。

【日常編】白髪染めを長持ちさせるコツ

コツ

白髪染めをしたらできるだけ長い期間カラーを長持ちさせたいですよね。

自分でできる白髪染めを長持ちさせるコツは以下の通りです。

シャンプー
女性の髪は30代以降からホルモンなどの影響もあり、特に傷みやすく繊細になります。
そのため、シャンプーは今の自分の髪質にあったものを選びましょう。

白髪染めを長持ちさせ、髪を傷ませないシャンプーは以下の通りです。

  • 洗浄力がマイルド
  • カラーリングした部分をケアしてくれる
  • トリートメント効果が高くしっかりと保湿できる
  • エイジングケアができる

これらの条件を満たしてるシャンプーを選ぶといいでしょう。

特に髪に潤いを持たせる「ヘマチン」や「ルイボスエキス」が含まれているシャンプーがおすすめです。

また、髪の洗い方にも注意が必要です。

シャンプー前にしっかりとすすぎ、シャンプーは軽く泡立ててから髪に馴染ませませ、頭皮を傷つけないように指の腹で洗い、しっかりとシャンプーを洗い流してください。

トリートメント
洗い流さないタイプのトリートメントは、外部からのダメージ(紫外線や乾燥、ドライヤーの熱)から髪を守ります。

トリートメントは、カラーをしている人向けのものや、乾燥からしっかり守ってくれるタイプなど様々あるため、自分の髪質にあったものを探してください。

ドライヤー
髪は濡れている状態が一番痛みやすいため、シャンプー後は早めに乾かしましょう。

しかし、ドライヤーは髪を傷つける原因となり、髪が傷めば白髪染めの色落ちも早まるため、可能であれば熱風を使わないで髪を乾かすことのできるドライヤーに変えかえるのがおすすめです。

ただ、そういったダメージを軽減させるドライヤーは高価なので、今あるドライヤーで髪をダメージから守る方法も紹介します。

  1. ドライヤーの前に洗い流さないトリートメントを馴染ませる
  2. 根本→中間→毛先の順にクシでとかす
  3. ドライヤーの風は髪に対して斜め45度の角度であてる

このように、ちょっとした方法でこれまでより髪の痛みを軽減させ、白髪染めの色持ちを長くキープすることができます。

まとめ

白髪が目立たないおすすめのカラーや、カラーの選び方などにいて紹介しました。

この記事の内容をまとめると

  • 明るめブラウンやハイライト、ウィービングなど明るめのカラーにすると白髪は目立たなくなる
  • カラーを選ぶときはパーソナルカラーやライフスタイルを意識して選ぶと理想通りのカラーを見つけやすい
  • 30代におすすめのカラーは「明るめ&ハイトーンハイライト」
  • 40代におすすめのカラーは「ナチュラルハイライト」や「アッシュブラウン」
  • 50代におすすめのカラーは「アッシュベージュ」や「シルバーアッシュ」などのアッシュ系
  • 髪の痛みが気になる方はイルミナカラーやヘアマニュキュアがおすすめ
  • 自宅で手軽に染めたいならカラーバターがおすすめ
  • シャンプーやドライヤーの使い方を意識することで白髪染めを長持ちさせることができる

でした。

白髪を目立たせなくする方法はたくさんありますし、白髪を目立たせなするおしゃれなカラーも豊富にあります。

自分に合った色や手法を見つけて、白髪を活かしたカラーリングを楽しみましょう!